注目キーワード

最新ニュースまとめ「StaffDig」Vol.3(5/11週)

  • 5月16,2020

最新のテック情報から心和む話題まで、幅広にお届けします。

無限に心地よいBGMを生成してくれる「Atomatic BGM Generator」が有用

ベルグハイン出演経験もある日山豪によって緻密にサウンドデザインされたシステムはブラウザ上でいつでも再生可能だ。…

コロナ禍により在宅勤務が増える中、音楽をかけながら仕事の集中力を増そうと四苦八苦してきたが、正直ことごとく失敗した。気が散る。「Automatic BGM Genarator」はブラウザ上で心地よい音楽を無限に生成してくれる。「楽曲がかかっていると煩わしいが無音だと寂しい」を埋めるサウンドスケープとしてご活用あれ。

「あつもり」から見る世界

WIRED.jp

新型コロナウイルスの影響で世界的に自宅待機する人が多いなか、高い人気を誇るNintendo Switchのゲーム「あつま…

たかがゲーム、されどゲーム。コロナウィルスの混乱と共に熱狂を生み出している「あつもり」。かくいう私もGWの休暇中かなりの時間をゲーム実況でコイツを眺めるのに費やした。Wiredのあつもり記事の考察は風刺に富んでいると同時に、私たちがあつもりの熱狂に引き込まれる言い訳としては十分だ。是非一読あれ。

コロナ禍で注目度を増すクラウドファンディング

KAI-YOU.net | POP is Here .

クラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」(外部リンク)の2020年4月の単月流通額が22億円を突破したことが明…

クラウドファンディングが本来のらしさを取り戻しつつある。一時期はガジェットの予約購入サイトと成り果てていたが、コロナ禍の影響で再び注目を集めている。CAMPFIREでは専用のサポートプログラムを開始し、支援者数は延べ15万人、支援総額は14.5億円を集めている。映画館やクラブなど日本のカルチャーが潰れてしまうのは悲しい。最近ではtwitchによるチア―も有力な支援方法となっているが、場を持つ事業者の有効な支援手段としてより注目されることを期待する。

航空機内の危険物質やウイルスを感知するセンサー、エアバスが年内にテストへ

Techable(テッカブル)

航空機メーカー大手Airbusとセンサー開発の米スタートアップKonikuは、共同開発中のバイオテクノロジーソリューショ…

ほんとにできれば(←ココがポイント)、かならず流行る分野

感情を表現できる合成音声

TechCrunch Japan

Sonantic(ソナンティック)というスタートアップは、真に迫った泣き方をする「人間の深い感情」を表現できるAIの開発…

Siriやボーカロイドなど合成音声は広く普及していますが、どれも話し声には起伏がなく無機質だと感じていました。このSonanticでは会話による感情の表現が可能だそうです。将来的には出演者や声優レスのドラマやアニメの作成が行えるようになったり、声を登録しておけば本人がいなくても会話をすることが可能になるのかもしれませんね。

そろそろ固定回線不要になるかも⁉

有線LANも使えるよ。高速通信規格として注目を集めている5G。すでに5G対応スマホなどを手に入れて、その高速通信を楽し…

最近5Gについて騒がれていましたが、まだまだサービス開始がうまくいってないと見受けられます。しかし、この製品は5Gの超高速性能を持ったで無線機で有線LANを挿入して使用可能と使いやすいモノで普及の足掛かりになると思います。今後コンシューマー向けにも発売されるとテレワークがより効率的になると思われ、注目したい製品です。