注目キーワード

最新ニュースまとめ「StaffDig」Vol.17(10/11週)

  • 10月17,2020

最新のテック情報から心和む話題まで、幅広にお届けします。

高効率化した太陽熱水生成デバイス

Techable(テッカブル)

MITらの研究チームは、太陽光による熱を利用して空気から水を抽出できるデバイスを大幅改良している。同デバイスの初期バージ…

水不足や汚染された水しかとることのできない地域は多いですが、MITの研究チームは昼夜の温度差を利用して、空気中から水を生成できる技術を効率化したとのことです。初期型と比べ約2倍の生成量になるこのデバイスは湿度20%でも機能するそうです。清潔な水は命の源となりますので、是非こういった技術が発展してくれることを願います。

市販モータで可能な触覚伝送技術

TechCrunch Japan

モーションリブは10月15日、汎用力触覚ICチップ「AbcCore」により、低価格な模型用小型モーターを使い、硬いモノ・…

触覚センサには画像解析を用いた物や、静電容量を用いたものなど色々と種類がありますが、市販のモータを使用して固い・柔らかいを伝達する技術が発表されました。
専用のセンサや高価な機器を用いる必要がなければ、コスト面で見送っていた分野にも広がりが期待できます。まだ研究段階とのことですが、実用化される日を楽しみにしています。

ワイヤレス翻訳機

Techable(テッカブル)

中国深セン発のAI翻訳機メーカーであるTimekettle社は、イヤホン型翻訳機「Timekettle M2」に関するプ…

ワイヤレスイヤホンが誕生したのが2015年のことで、それ以降爆発的にヒットした初代AirPods、BOSEのSoundSportなど次々に商品が発売されています。そんな中、2016年に設立されたTimekettle社はスマート翻訳をメインにリリースしている会社で、今回ワイヤレスイヤホンに翻訳機能を搭載した。現時点で40種の93言語を翻訳に対応しており、様々な言語のドラマ、アニメなどを楽しめるようになる画期的な商品を開発しています。

心拍数、呼吸数等を24時間常時監視を行えるミリ波技術

TechCrunch Japan

フィンガルリンクは10月16日、ミリ波レーダーを応用した生体情報監視システム「FLミリ波バイタルセンサー」を開発、202…

現在、医療技術が進化し続けている中、AIを医療に導入している事例をよく聞きます。こちらは画像診断、過去の論文との照合、データの整理・入力といった多くのデータを扱う業務にAIが適しているとされており、診断が早くなったりと多くのメリットを生み出している。年々進化し続けている中、今回は最近注目されているミリ波を活用した心拍数、呼吸数を計測できる技術です。最大12人を24時間、追跡・計測でき健康に被害もないため自宅でも健康管理を簡単に行えるようになります。